食事バランスガイド活用
| Home | リンクコーナー | お問い合わせ |
食バラメイトホーム
What's食バラメイト
食事バランスガイド知識
食事バランスガイド活用
食事バランスガイドゲーム
食事バランスガイド検定
食事バランスガイドQ&A





食料自給率
 
食事バランスガイドアバウト活用
たとえば、「1日に必要な食事の量は2,200kcal」とか、「タンパク質を摂りすぎずバランス良く」などと言われても、具体的に何をどれだけ食べればいいのか、私たち一般人にはよくわかりませんね。
そうした、「カロリー」とか「栄養成分」という難しい話をやめて、誰にとってもわかりやすく手軽に活用できる“食生活の目安”としてつくられたのが「食事バランスガイド」です。
その特徴は、食事の量と栄養のバランスを、あえて「おおまかに」つかめるようにしてあること。つまり、「“アバウト”でもいいからまずは使ってよ」という意図が、基本にあるのです。

 
食事バランスガイド
このコマは、厚生労働省・農林水産省が決定した「食事バランスガイド」に基づき、食バラメイト.comが作成したものです。


「つ(SV)」はコツを覚えて感覚で判断!
食事バランスガイドでは、料理の量は、ひとつふたつのように「つ(SV)」という単位で表し、代表的なメニューと「つ」も例示されています。
とはいえ毎日の食生活は、料理の種類も実にバラエティ。ひとつひとつの料理が「いくつ」なのか、誰も教えてくれないし調べようもなく、これでは毎日の食生活に役立てるのもムリですね。そこで “アバウト活用術”。 基本ルールに従って感覚的に判断すること、あくまで目安として大らかに活用しましょう。

→食事バランスガイド「つ(SV)」のしくみ

「1日」にこだわらず数日単位で調節!
食事バランスガイドでは、料理が5つのグループに分けられ、それぞれ1日の最適な量が提示されています。また、毎食単位ではなく、「1日のなかで調節する」という“ゆるやかさ”をもっているのも特徴です。
とはいえ実生活では、いろいろな事情から過不足が生じるのはよくあること。そうしたときも、数日〜1週間のなかで調節する・過不足を埋め合わせるのもOK。 細かい部分には目をつぶり、あくまで健康のための目安として“アバウト”に活用する、それこそが「食事バランスガイド」の目的にかなっているというわけです。

食事バランスガイド


ご利用規約プライバシー・ポリシーこのサイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright(C)2009 Shokubalamate.com & Moomingdo All Rights Reserved.